2017/07/05

TITLE:「 この試合、茶化すべきか、真面目に論じるべきか?対広島戦 

腱鞘炎でキー打てないので治ったら書く。
でもさ、それって意味ないよね。冷めたスープはたいていまずいもんな。
スポンサーサイト



2017/06/26

TITLE:「 リーグ戦三連敗 

我が浦和レッズさんが絶不調である。
ブログ的には飛ばしてあるが、天皇杯を挟んで一節前のジュビロ戦なんか惨憺たる負けっぷりである。

こういう状況に陥ると世の中で一番煩わしいのが、さしてレッズなんか興味ないくせに俺がレッズ大好きなのを知って週明けの出社早々話しかけてくる上司である。まぁ俺は基本自営業みたいなもんであるので出社しないって選択肢も取れるのだが、どうしても顔を出さなきゃならない時に限って苦手な上司と顔を合わしたりする。

上司曰く
「レッズどうしちゃったの?負けてばっかりだねー」
  ・・・いやいや、言われなくても試合結果はあんたより知ってっから。とか思いつつもぐっと堪えて
「ははは、まぁあんなもんですよ」とか適当中の適当な返答をしてみるがその意味はレッズの話はしてくんなよ、うぜーな訳で。

上司曰く
「監督が悪いのかね?どうなの?」
  ・・・まぁ大体三パターンくらいしかないわけだが、監督がダメ、攻撃(守備)がダメ、外国人がダメと。野球の知識とスポ新のサッカー記事を中途半端につなげた質問が続くことが多い。
「さぁーどうなんでしょうね?」とまるでやる気のない返答をするが、ここらへんで会話を打ち切ってくれないとパワハラで訴えたくなる。

続けて色々聞かれても、玉虫色の返答を繰り返してばかりいるとその内、
「だめだよー。毎回試合見に行ってんだろ。そんくらいわからなくちゃ」
とか滅茶苦茶な事を言われ出すが、俺が本気でどこかダメだったのか、どうしたらいいと思っているのかを戦術面からとサポーターとしての行動面のふたつからつとつとと語りだしたら絶対聞かないくせに、うざったいこと極まりない。

まぁ救いなのは上司は全て基本野球好き。サッカーなんか興味ないので、他チームサポの上司なんて気絶したくなるような存在が俺の周りにいないことである。しかしそれを差っ引いても負けた試合の翌月曜は試合結果それ以外の部分でも憂鬱である。

--------

最近、もうひとつ憂鬱の種が増えてて所謂SNS。特にTwitterである。始めたのはかなり前だが、放置しててここ一、二年また頻繁に活用しだしたのだが、なにせ年寄りなのでうまく使いこなせない。基本自分に近い考えの人しかフォローしてないので、普段普通に読んでいる限りは問題ないのだが…

負けた後はスポーツニュースとかも見ないし、対戦相手の掲示板も荒らしに行ったりしないし、ましてや2ちゃんとかも見ないのだけど、Twitterって暇つぶしの定番として生活に組み込まれてしまった部分もあるし、変な奴フォローしてないし(レッズサポ的にって意味で。イカ様とか他サポからしたら圧倒的に変ですよ。ちゃんとそれは認識してるから)と油断して読むとね、精神がガキなんで負けた後に正論ぶちあげられたりしてるの読むと、そんなこたぁわかってますよ、へっへーとひねくれた読み方しちゃったりして自分の気持ちの落としどころが分からなくなり無性にイラついたりするダメ人間なんですよ、俺は。

それとさー、どこから見つけてくるのか、思わず反論したくなるような投稿をリツイートされてたりすると、てめぇこのやろって思うから反論書き始めると、ほら俺、普段から話長いタイプじゃん。絶対文字制限におさまんないんよ。でさ、色々削ったりなんなりしてっとその過程で結構冷静になったりして、あーまたここでレスの応酬はじまると面倒くせーなーとか思い出して下書き削除なんて何回もあって、時間無駄にしまくり槍魔栗三助な訳で。

あとはね、Facebookだわ。俺ね、何も考えずTwitterと連携しちゃったんだが、Facebookの○○さんとはお知り合いですか?機能、あれなんなん!なるべくリアル知り合いとはつながりたく無かったのに、同級生とかにバレまくりだわ。なんかさー友達申請とか来てさー昔の友人のプロフとか見ると、なんかみんな経歴すげーんだよ、大企業勤めか自営で社長さんか。まぁそんな人じゃなきゃ堂々と昔の知り合いに友人申請とかしてこないわな。半分ニートみたいな生活しながらレッズの事しか書かない俺は見なかったふりします。友人申請放置。ひとでなしです。

じゃあやめればいいじゃんって。ゲームデータとかあるからそれは無理なんだわ(ゲス)



つーわけでレッズさん、次は広島との現時点J最弱決定戦が待ち構えております。ホームですんでそろそろ勝ってください。お願いします。
2017/06/05

TITLE:「 2017 リーグ日立台 柏戦 

さて、何故か大宮、柏と箱型の小ぢんまりとしたホームスタジアムを持つチームはアウェイのサポーターに対して非常にケツの穴が小さい態度を取りたがる。その上前回、レッズが日立台で勝った際、試合終了間際から我慢できなくなったレッズサポがバックスタンドにわらわらと湧き出て大騒ぎしたので(他人ごと)更に締めつけが厳しくなったらしい。

そんな中、何故か日立台はSS指定だけはアウェイのユニ着用OKで応援もOKだとの情報を得たので、こりゃ面白そうだとSSに忍び込んで人間観察することにした。当日の俺の服装は茶髪グラサンアロハでどうみても昼間からワンカップ頬張る柏の地元のおっさん風。完璧である。到着してつらーっと見廻すと知った顔数人。ではリポート開始!

<その1 iさんの場合>
レッズカラーではないポロシャツにジーンズ、一見してレッズサポだとはわからないが、柏のファールに対して
「おい、ふざけんなよ!」
物凄い大声である。もう一瞬で周囲にばればれである。

彼の隣は柏のユニを着た妙齢のご夫婦っぽい。でその奥さん側がファールに対する声に触発されたのか、柏がファール受けるたんびにまるで隣に言うようにワーキャー騒ぎ出す。この二人それぞれピッチに向かった言っているのだが、会話が成立してる。
「あー!もー!」
「全然たいしたファールじゃねぇじゃん」
みたいな。ご主人エキサイトする二人のあいだで板挟みの困り顔。

このままだとまずいと思ったのかご主人さん、ハーフタイムに隣のiさんに思い切って話しかけてた。
「レッズ、ACLベスト8おめでとうございます」

!!!
近くで聞いていてお茶吹き出しかけた。そしたらiさん
「ありがとうございます。柏、さすがですね」

!!!
お茶吹いた。何、仲良くなってんだよwwwwwwヤマハスタで喧嘩してるあんた、俺見たことあるぞ。あの頃のあんたはどこにいったんだよwwwwwwww
なんかレッズサポ、SS買える様な層はみんな大人になっちゃってやーね。


<その2 T君の場合>
試合前からレッズのユニ着て、蛍光イエローのタオマフ、ぶんぶん振り回してるので近づくのやめました。
と、おもったら彼の隣、Wじゃん。やばい問題児W君とT君の並び。行こうぜ俺たちラララ。


<その3 W君の場合>
前回のバクスタ騒動の時、この人、すげー目立ってました。彼の周りの柏サポ、おもくそ怪訝な顔してました。てか試合終盤ずーっとマフラー掲げて大声で歌ってて、周りのレッズサポすら引き気味でした。そんなW君、あれ、今回は相手のファールに少し毒付くくらいで意外と静かに観戦してる。ちょっと(´・ω・`)ガッカリ…

しかーし、彼の斜め後ろの子供の甲高く無邪気な、無邪気ゆえにレッズサポの気持ちを逆撫でる
「柏すげー」とか「レッズちょれー」とかに
なんか少しイラついている様子がビンビンかんじるぞW君。いいんだよ、君は、君の思うままに感情を開放して、ここはそれが許された席なんだとワクワクしていると、試合終了10分前くらいに

HERE WE GO~

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
突然の大声チャントキター。手拍子でかーい。
お、隣のT君もつられだした。うわ、あそこだけゴル裏声量。(*__)ノシバンバン。うひー

斜め後ろの子供、実は前の人たち、危ない人だったと気がつきドン引き。何も喋らなくなる。
かわいそうだろ、おう、レッズサポ、子供にそんな怖い思いさせてwwwwww

休みなくゴル裏に合わせてチャントし続けていると
なんと彼らの後ろにいた大学生くらい?の若い男の子二人連れが、片方柏のユニ?っぽいの着てて、それまでレイソル応援してたと思ったのに、なんか半笑いつーか爆笑に近いくらい笑いながらT君とW君に合わせてレッズの応援し始めたwwwいや、これマジっす。やべぇSSなのにゴル裏ノリでその内一人は柏ユニってカオス状態。試合負けてるのに爆笑しそうになったわ。


ま、試合は負けちまったわけですが、そんな日もあるわ。
勝負事なんで全部が全部勝てるわけじゃないし、これを糧に次の試合に活かしてくれればいいと思うし。

他にも有名どこのレッズ関係の税理士さんとかいた。彼を俺は見つけられなかったけど、彼が見つけてくれた。
てか観察されてた?声掛けられたの試合後だし。彼もブログやってるんだよな。彼のブログに俺の観察記とか載らないことを祈るわ。
2017/06/02

TITLE:「 2017ACL 対済州戦 

試合自体はトータルスコア3-2でうちが勝ったわけで、試合終盤及び試合終了後に火病患者の実態を大量に観察できるおまけ付きとなったのだがそれはまた別の機会に。

試合終了後埼スタから帰る際にいつもと違う倦怠感に覆われている気がして、最初の頃はまぁそりゃあれだけ凄い展開の試合だったんだし、いつもより声も出したし、延長まであったんだから疲れて当たり前だよね、みたいに思ってたわけだ。家が近くになるにつれ、友人とこの倦怠感についてちょっと話してみたら、まぁ似たような感触があるとの事。

「なんかちょっといつもと違うよね」
「うん、そうそう、いつもより気怠いってゆーか・・・」
「なんか風呂で長湯した感じに近くない?」
「うーん、その風呂じゃなくて・・・高い方?それも高級店で頑張っちゃった時の感じ?」
!!!ピコーン!!!
「それだ!」
俺達は顔を見合わせた。

それから俺達は試合の検証にはいった。
フォーメーションがどうだとか、リスク管理がどうだとか、そんなんを語るのは別の人に任せる。
倦怠感の最大要因は間違いなく森脇のゴールであるとの結論はすぐに導き出された。

「あそこで逝ったよね」
「まぁ軽く逝ったな」
「まぁ実射精は無かったけど脳内で確実に逝ったな」
「それもさ、若い頃のドピュッって勢いあるやつじゃなく、なんかこうじわっってやつ」

そう、それなんだ。90分の終わり頃、流れのまま脳内射精出来る瞬間が何度もあったんだが、悉くキーパーに止められたり(槙野のヘッドや)おもくそ吹かしたり(興梠のスルーの後、ポッカリとシュートコースが見えた瞬間キタ!と思ったら、思ったら、たら、俊くん頼むわ・・・)等々あり、まだいっちゃダメよ状態が続いたわけで、年齢重ねると、今ココってところを逃すとユルくなってきちゃうんだな、これが。

ただね、今回はソープで言えば数年に一回来れればいいほうの超高級店と同じわけで、ここでへたるわけにはいかんのですよ。延長も必死で堪えましたわ。現場じゃそうは思ってなかったけど、まさしくドーパミンを大量射出する瞬間を今か今かと耐えて待ってるわけですよ。ソープで例えると「やべ、半勃ちっぽくなってきた。まずいまずい」「まずいまずいと思うともっとまずくなるので考えないようにしないと」「てか体力的にもきついから体位変えたいけど、今一旦抜くと取り返しのつかない事態に陥るよな」みたいな中年以降の悲哀が脳内をよぎった時

『我慢しなくていいよ』

ふっとこう耳元で森脇女神が囁いてくれ、じゅんじゅわーなわけだ。
若い奴には理解しがたいだろうが、男もじゅんじゅわーな時があるんだ。

しかし高級店はこのあとも意外と時間が残ってたりする。まさにそれがコーナー付近の攻防だ。
くだらない会話を挟みつつ、名刺を受け取るか否か、姫予の番号聞くか聞かないか、いっそ店外さそうかとか、そこはシビアな男と女のラブゲーム(芦川よしみ盤が好き)が繰り広げられつつも、時間ですシャンシャンとなるはずだが、今回はベンチから必殺仕事人が飛んできたり、もう一度いきり立ちそうになったのも倦怠感に拍車をかけたと思われる。

これがあるからレッズやめられないんだよな。
浦和病発症してる奴は、通い始めた最初の早い段階で擬似セックス体験しちゃってるに決まってるよな。
93年なんてさ、ゴル裏若いやつらばっかだったからすげープレーにちょっとずつ漏らしながらも数試合に渡って『まだ出しちゃだめよ』状態保ったまま擬似続けて大発射みたいな展開だから、見事なマゾ連中が沢山集まって、浦和の焦らしプレイに耐えるとかWEARE REDSだよ。

そんな馬鹿な話をしてて最終的に至った結論が、

『俺は森脇のあのゴールなら多分オナニー出来る』

まぁまだ試してないけどな。
2017/03/13

TITLE:「 10年間 

放置しっぱなしのBlogがまだ存在してたことに驚く。FC2すげーな。
見つけた上にパスやらなんやらも通ったのでちょっくらなんか書いてみるかな。
誰も読みに来ないだろうから結構好き勝手を書けるだろう。